HTMLは難しい?知らなくてもできるホームページの作成方法

HTMLは基本?ホームページ作りの土台

HTMLは(HyperTextMarkupLanguage)のことで、ウェブページの構造や要素を指定する言語です。インターネット上に存在しているホームページはこのHTMLで構成されています。タグと呼ばれる文字列を書いていくことで、ホームページを作ります。見出しやリスト、リンク、画像などもこのHTMLで表示できます。ホームページ作成使うで必要最低限のHTMLタグさえ覚えていれば、ホームページは誰でも作ります。このHTMLはSEO対策にも重要な役割を持っていますので、正しく記述することが重要になります。タグの書き間違いをするとホームページが正常に表示されなくなってしまうのです。一見すると難しそうに見えますが、実際にやってみるとそれほど難しくはありません。

HTMLを覚える時間がない人は?

これまでまったくホームページを作成したことがない人にとって、1からHTMLを覚えるのは大変なことです。何から手をつけたらいいのかわからない場合は、簡単にホームページを作れるサービスを利用しましょう。ワープロのように直感的な操作ができますし、いちいちタグを暗記する必要がありません。文書作成ソフトを使ったことがある人なら、すぐにホームページを作ることができます。
「見出しを大きな文字にしたい」、「フォントカラーを変えたい」と思ったときも、対応アイコンをクリックするだけで希望通りになります。自社のホームページを作りたい、商品のアピールサイトを作りたいと思ったときは無料ホームページサービスを使ってみましょう。

HP作成は、不特定多数の人々へ向けて積極的な情報発信を行う上で役立ち、店舗の販売促進や企業のイメージアップなど、幅広い目的で活用できます。